HPも変化適応業

ネットのサイクルは短い。
ブログ風の日記から副業の商売から年商数千億円の企業まで、PCの画面一つの勝負である。
しかも世界中から競争者が現れる。
実際の商圏はフェイスツーフェイスの延長だが、
匿名で、商品さえよければ売りがたつ。
しかも、ネットの土台であるインフラ自体は更新速度が速い。
古いインフラに最適化していた企業は、トレンドごと過去に追いやられる。
大はマイクロソフト対グーグルの覇権争いにはじまる。
まさに乱戦である。乱戦になってくると、リスクを極力減らして、規模は小さくとも、マーケットの将来性を見通して、信念をもってやるに越したことはない。
次の新たな技術革新を見続けることに、新たなチャンスが発生する。

 

続きを読む: HPも変化適応業

 

高野山点景

金剛峰寺
パドマサンバがインドから伝えた密教、チベット仏教、モンゴル化したラマ教。
中国の唐の国際都市長安の青蓮寺に密教を学び、日本に七祖として正式に伝えた真言密教。
いずれも山間に拠点を構える。
 チベット、モンゴルは乾燥しているが、日本湿潤な気候の中で発達する。
パドマサンバは、土着の神に忠誠を誓わせたが、空海は、山の神の協力を得た。

続きを読む: 高野山点景

   

玉島の良寛

元禄の玉島は、干拓により港が整備され、瀬戸内海第一の中継貿易港として栄えた。
日本海を廻って、海産物を運んでくる廻船の荷揚げ地として、問屋街が栄えた。
この玉島港を見下ろすこ小高い丘に円通寺はある。
丘が入り組み、みかんの木が茂り、その先に海が拡がり、なにかギリシャ的な雰囲気のするところだ。さらに、水島臨海コンビナートが広がり、江戸時代へのタイムスリップはそこで終わる。
禅僧は経済的活気を少し距離を眺めることのできる風流な地を好むようだ。

続きを読む: 玉島の良寛

   

天安門事件

作者: 周

改革開放が成功し、言論の自由を求めたとき弾圧が起こった。
共産党政府はやはり共産主義の下、実質の団結を重視した。
共産主義は信じていないが、民族主義は信じている。

経済の自由に伴う欧米の進出をおそれた。
経済の自由に伴い欧米人が民主主義をもたらす。
どこかで知識人に歯止めをかけておく必要があった。

   

禅の本質


禅の本質とは、西田哲学用語使えば
主客未分の絶対無
絶対矛盾の自己同一

ジョウ州和尚
庭前の柏樹

 

続きを読む: 禅の本質